不動産を売るときは、不動産仲介業者と媒介契約を行います。
その後は、いつ見学希望者が来てもいいように内覧の準備に取り掛かりましょう。

物件の内覧は、買手の購買欲をアップさせるために重要なイベントで、ここで好印象を与えることで購入の決め手に繋がるのです。

少しでも高く、早く物件を売却したいのなら、内覧準備に手を抜いていてはいけませんよ。
ということで今回は、内覧準備をする上で、好印象を与えるポイントをご紹介したいと思います!

汚れや生活感をなくすのは基本!

新しいお家の内覧に来る人は、みなさん自分たちが住んだ時のイメージを膨らませてやってきます。

そこで、お家が汚れ、散らかっていると、ここに住みたい!とは正直思えないですよね。

そのため、最低限でも掃除と生活感をなくしておくことが大事です。
例えば、今住んでいる物件の内覧に来る場合は、荷物を整理整頓し、ごみや汚れがないように掃除しておきましょう。

また、今すでに空き家の場合でも、ホコリや汚れを落とし、特に生活感の出やすい水回りにはきちんと掃除しておくことで、清潔感があり印象も良くなりますよ。

内覧に来る人は、普段生活で使用するキッチンやトイレ、お風呂などにもよく注目しています。細かな部分まで手を抜かないのがポイントです。

もし金額的に余裕があるのであれば、ハウスクリーニングなどのプロの掃除業者に依頼してみるのも方法のひとつです。そこで数万円かかったとしても、結果的に期待よりも高値で売却できれば、トータルの取り分がプラスになることもありますよ。

チェックするべきポイント

高く、早く売れる物件は、印象の良い物件です。
この家に住みたいと思ってもらえるように、内覧準備をしっかりしておくことが大切です。

ハウスクリーニングに依頼する方いますが、続いては自分でできる掃除や整理整頓方法を順番に挙げていきたいと思います。

  • リビング:テーブルの上に荷物があると狭い印象に。整理整頓しておく
  • キッチン:コンロやシンク、換気扇はピカピカに磨き上げる。生ごみやニオイにも注意
  • トイレ:便器の黒ずみ、手洗い場の水垢、床の汚れを掃除する
  • 浴槽・洗面:水垢、カビ、ぬめりを掃除する。鏡はピカピカにする
  • 玄関:靴と傘は綺麗に収納。芳香剤を置くと◎
  • 寝室:布団は収納し、ベッドメイキングする。色を統一し、柄物を控える
  • ベランダ:洗濯物は取り込み、床は拭き掃除しておく
  • 窓ガラス:ガラスや網戸は掃除しておく、光が入るようなカーテンにしておく
  • 収納面:収納力を見せるために、ボックスや仕切りを使って整理しておく

部屋のにおい対策は念入りに!

忘れてしまいがちなのは、お家の「におい」です。
長年住んでいる自分たちには気が付かないにおいでも、他人には敏感に感じてしまいます。

においの出やすい箇所というと、

  • 玄関
  • 水回り
  • 寝室
  • カーテン
  • ソファ

など。

特に玄関のにおいは、第一印象に大きくかかわりますので、しっかり消臭しておきましょう。

においの出る靴、ごみなどは蓋のあるボックスに収納し、寝室やクローゼットは換気をしておきましょう。

また、ペットを飼っている家ではペットのにおい対策も忘れずに行って下さい。
アロマフューザーや消臭剤を置いておくことで、お部屋の印象もガラリと変わりますよ。

部屋は明るく+窓を開ける

内覧を行う際は、光が差し込む午前中~お昼にかけて行うのがベスト。
明るく自然な光が入っているお部屋は、だれが見ても清潔感があって好印象だと思います。

また、窓を開けておくことで、狭い部屋であっても閉鎖的な雰囲気がなく、開放的で明るく感じます。そのため、天気が良ければカーテンと窓を開けておくのもおすすめです。

もしカーテンや電気類をすべて取り外した後であれば、内覧時には照明をつけておくことも方法のひとつ。

自然の光が入らない家の場合、照明無しではかなりお部屋が暗く見えてしまうので、一時的に照明をつけて、いかに部屋を明るく開放的に見えるように工夫することがポイントです。

アピールポイントを事細かに伝えよう

内覧者に「ここに住みたい!」と思わせるためには、お部屋の清潔さだけが重要ではありません。

実際に住んでみたときに、「こんなにもメリットがある」ということをアピールしましょう。

例えば、

  • 近くにスーパーや病院があって便利
  • 子供の学校までは○分くらい
  • 洗濯物の出し入れがラク
  • キッチン収納が充実していて便利
  • 近隣住民は物音や騒音がなく、静か
  • 駅まで徒歩○分で行ける
  • 周辺に同じ年齢の子供を持つファミリーが多い

など。

部屋の清潔さだけでなく、生活するイメージが湧くような魅力を伝えてあげるのがポイント。

お子様を持つファミリー層の人であれば、小学校への距離や病院の近さなどを重視される人も多く、近隣に同じ世代のファミリーが住んでいることで、心強くなる奥様も多いのです。

これらのポイントを正直に伝えてあげることで、内覧者との信頼感も築くことができますよ。

少しでも高く、早く売りたい方は、ぜひこれらの内覧術を実践してみてください!

おすすめの記事