マンションの売却は、人生に1度あるかどうかの取引です。
不動産に詳しくなければ、なかなかどのような手順で進めたらいいのか分からない人がほとんどではないでしょうか?

もちろん、物件によってはすぐに売れるものや、なかなか売れないといった違いは出てきますが、それでも大まかな流れを知っておくことで、不安になる気持ちは減ることでしょう。

そこで今回は、中古マンションを売却するまでの大まかな流れについて解説していきます。

売却にかかる期間はどれくらい?

マンションを売却する場合、絶対ではありませんが、半年間で売却が完了しているのが理想と言えます。

それぞれにかかる平均期間は、

  • 査定~媒介契約:約1か月
  • 売り出し~売買契約:約3ヵ月
  • 決済~引き渡し:約1.5か月

地域や物件によって異なるので一概には言えませんが、大体これくらいの目途で計画を立てていくのが一般的です。

マンション売却の流れ

それではここから、マンション売却に至るまでの流れについて解説していきます!

不動産業者に査定を依頼する

マンション売却の最も重要なポイントと言えるのが、「不動産選び」です。

マンションがいかに高く売れるかどうかは、この業者選びにかかっているといっても過言ではありません。

最近では、複数の業者から一括で不動産査定が受けられるサイトも登場しているので、利用してみるのがおすすめです。

査定先を選ぶときには、

  • マンション購入時に仲介してもらった業者
  • 大手の不動産
  • 地元の不動産

といったように、ジャンルの異なる業者に満遍なく査定してもらうようにしましょう。

不動産業者と媒介契約を結ぶ

大体の査定額が分かったら、次は売却活動を実際に依頼する仲介業者と、媒介契約を結びます。

媒介契約によっては特徴が異なるので、慎重に決断することが大切です。

専属専任媒介

  • 最も縛りがきつい
  • 報告義務やレインズへの登録義務がある
  • 自己発見取引が可能
  • 一社が勢力を上げて買手を見つけてくれるが、都合のいい買主だけを紹介する悪徳業者もいる

専任媒介

  • 専属専任媒介よりは縛りが緩い
  • 報告義務やレインズへの登録義務がある
  • 自己発見取引が可能
  • 一社が勢力を上げて買手を見つけてくれるが、都合のいい買主だけを紹介する悪徳業者もいる

一般媒介

  • 同時に複数の仲介業者に依頼できる
  • 自己発見取引が可能
  • 報告義務やレインズへの登録義務はない(任意)
  • 契約を成立した業者のみに手数料を支払う
  • 有力な買主が見つかりやすい
  • 業者の販売活動が手薄になる場合もある

売り出し開始

媒介契約を結んだら、実際にどれくらいの問い合わせがあるのかや、宣伝方法などを確認しておきましょう。

売り出し方法としては、不動産業者のみが利用できる共通のネットワーク「レインズ」を利用したり、スーモなどのネット上で情報を拡散するという方法もあります。

この時点で、なかなか問い合わせが無い場合は、値下げを検討するのも方法の一つです。
ただし、あまりに早い段階で値下げを依頼してくる不動産には気をつけましょう。

内覧

物件を売りに出している状態なので、いつ内覧者が来ても対応できる状態に、お部屋を綺麗にしておきましょう。

中古マンションの購入者は、内覧次第で購買欲がガラリと変わってしまうので、室内の掃除は徹底するのが鉄則です。

まだその物件に居住している場合は、生活感がイメージできて、清潔で明るいお部屋を演出しましょう。既に空き家の場合は、壁やフローリング、ベランダなどはしっかり掃除します。特にキッチンやトイレなどの水回りは必ず見られるポイントですので、できる限り綺麗な状態にしておきましょう。

購入申し込み

内覧者が物件を気に入れば、「購入申込書」という書類が提出されます。

購入申込書には買主の購入希望額が記載されているので、このタイミングで値下げ交渉されるのが基本です。

多額の値引きを安易にする必要がもちろんありませんが、よくあるのが「数十万(数百万)単位の端数を切り捨てる」というケースです。

例えば1530万円の売り出し価格の場合、「30万円」を値引きして「1500万円」で売買する場合が多いです。

買主と売買契約を結ぶ

値段交渉や引き渡し時期など、すべての条件が合意に至れば、「本契約」に進みます。

これはあくまで買主と売主との売買契約なので、契約日には不動産担当者も揃って売買契約書を作成します。

この時、売買契約書の内容すべてにきちんと目を通しておくことが重要。
条件と違う項目があれば、申し出ましょう。

また、売買契約を結んだ時には、「手付金」を受け取ります。
手付金は「解約手付」とみなされるので、

  • 買主が契約解除を希望⇒手付金を返す義務なし
  • 売主が契約解除を希望⇒手付金の2倍を返金

となります。
なお、問題なく契約が進んだ場合、残りの売却代金は「物件の引き渡し当日」に受け取ることができます。

決済+物件引き渡し

契約書には物件の引き渡し日が記載されてるので、必ずこの日までにマンションを引き渡せる状態にしておく必要があります。

また、契約時には、マンション内をクリーニングしてから引き渡す場合や、「現状有姿」といって、内覧したそのままの状態で引き渡すのか、取り決められているので、事前に買主と打ち合わせしておきましょう。

決済は銀行で行うことが一般的で、そこには買主・売主だけではく、不動産担当者や司法書士などが集まって行います。

マンションにローン残債がある場合は、受け取った売却代金は全てローン返済に回し、ローンが完済すると「抵当権を外す」ことができます。

抵当権は、引き渡し当日に外すよう司法書士が行ってくれます。
最後に鍵などを買主に渡せば、売却完了となります。

まとめ

マンション売却までの流れをまとめました。
これらの流れは、基本的に仲介を依頼する不動産会社から事前に説明はしてもらえますが、あらかじめ大体の流れを掴んでおくことで、よりスムーズに進めることができるでしょう。

また、売却を進める上で、売主側がしておくべきことなどを不動産会社に確認しておくことも大切です。

マンション売却を検討している方は、手続きを進める前に売却の流れを確認しておくことをおすすめします。

おすすめの記事