不動産売却を予定している方は、イエイのような不動産一括査定サイトを活用しようとしている方が多いのではないでしょうか?

複数ある不動産会社の中から数個の業者に絞って査定が受けられるので、査定額やサービスなどを比較しやすく、便利なツールですよね。

しかし、最終的に仲介を依頼するのは1社、もしくは一般媒介契約の場合でも3つほどとなります。

そのため、不動産会社を選ぶときに「結局大手か地元業者かどっちがいいの?」と疑問に思う方も少なくありません。

そこで今回は、大手と地元業者の特徴や、それぞれのメリットやデメリットを比べていきたいと思います。不動産会社を選ぶ判断材料として参考にしてみてください。

大手不動産仲介業者の特徴

メリット

  • 大手という安心感がある
  • サービスや査定基準に統一性がある
  • 全国各地に店舗がある
  • 物件の情報を広く流すことができる
  • 買主が集まってきやすい

デメリット

  • 地域の特性の理解度は地元業者に劣る
  • 広く情報を流し過ぎて物件が目につかない
  • 地域に合った売り出し方法があいまい
  • 売り急ぎやすく、値下げの提案がはやい

地元の中小仲介業者の特徴

メリット

  • 地域の特色を理解している
  • 地域に絞って物件を探している買主が集まりやすい
  • 地域の過去の取引実績が充実している
  • 地域の販売価格や相場を熟知している
  • 査定額の精度が高く、売却期間の予想も当たりやすい

デメリット

  • 広い範囲でも売買情報が大手に劣る
  • 全国に対応していない
  • かけられる広告費が少なく営業担当も少ない

特徴まとめ

大手と地元業者の特徴を見てみると、

「大手業者は情報量が多く、地元業者は地元の売買情報に特化している」

ということがわかりました。

大手は、信頼感があることや、情報量やネットワークも幅広いので、集客力は地元業者に比べるとかなり高くなります。また、広告費にも予算を多くかけやすいので、自分の土地の情報を多くの買主に知ってもらうことができます。

一方、地元業者では、ネットワークの広さは大手には及ばないものの、地域の売買についてはベテランが揃います。その地域でも売買実績も豊富なので、売却価格や期間などを正確に把握しているという魅力があります。

買主の中では、「この地域で家を探したい」という希望条件がある程度定まっている人もいるので、自分の物件の魅力を最大限に伝えてくれ、大手には負けない地域の特性を詳しくアピールしてくれるでしょう。

物件別!大手と地元業者どっちがおすすめか考えよう

大手と地元業者のそれぞれの特性はわかりました。

では、本題の「大手と地元業者どっちを選んだらいいのか?」という問題ですが、これは「物件によって異なる」というのが答えとなります。

売りたい物件の地域、早く売りたいのか、時期はこだわらず高く売りたいのかなど。
どちらの不動産会社がおすすめなのか、物件の特徴別で選ぶようにしましょう。

需要が高く人気物件のとき

この場合は「大手」がおすすめです。
物件の需要がある地域で、なおかつ値段も高く取引されているような人気物件であれば、全国に情報ネットワークを確立している大手を選ぶことで、より集客力がアップします。

多くの買主が集まることで値段が下がらず、高額売却できる可能性が高くなります。

田舎の土地を売却したいとき

田舎の土地や建物を売却するときは、どの地域に精通している「地元業者」に依頼するのが一番だといえます。地元業者は地域密着型なので、世代を受け継いで不動産会社とお付き合いがある場合も多いからです。地域に特化していることでコアな買主が集まりやすく、早く買手が見つかりやすい傾向にあります。

早く物件を売りたいとき

売却額よりもできるだけ早く物件を手放して収入を得たいという方には、集客力がある「大手」を選ぶのがおすすめです。
値下げ交渉をしてくる場合もありますが、素早くスムーズに売るには最適です。

期間よりも値段を重視したいとき

大手の不動産ほど、売り急ぐ傾向があるので、売り出してから期間もたたずに値下げ交渉がある場合もあります。
そのため、早く売るよりも高く売りたいという方は「地元」の不動産会社がおすすめ。
地域の特性を活かした宣伝活動や、売れる時期などを見計らって、慎重に値下げ交渉してくれるので、高く売却できる可能性が高くなります。

まとめ

大手と地元業者では、どちらともメリットとデメリットがあるとわかりましたね。

物件や売りたい条件などによっても最適な不動産会社が異なりますので、自分の意見を尊重してくれる不動産会社を選ぶようにしましょう。

また、不動産会社を選ぶ前には必ず複数の業者で査定をしてもらうのが一番です。
大手や地元業者の両方に査定をお願いし、「どのような宣伝活動をするのか」「どのような条件で進めていくのか」を細かく聞き出してから、条件にあった不動産会社を慎重に選ぶようにしましょう。

おすすめの記事