不動産の売却をする際、売主は「できるだけ高く売りたい」と思うのは当然です。

同じく、買手側も「少しでも安く買いたい」と思うもの。
そのため、不動産の売買では価格の値引き交渉が行われることが一般的です。

そんな時、売主は値引き交渉に応じたほうが良いのでしょうか?
希望の売却額がある場合、値下げしてしまうと、他の費用に回せる額も少なくなってしまうので、慎重な判断が必要です。

そこで今回は、不動産の値引き交渉をされたとき、どう対応するのがベストなのか、交渉のポイントなどを解説していきたいと思います。

値引き交渉は必ずある!価格設定は高めに設定する

土地やマンション、一戸建てなどの不動産売却をしようと思っている方は、まず「値引き交渉は必ずされる」ということを頭に入れておきましょう。

そのため、3000万円で売りたいと思っている物件に関しては、3200万円や3500万円などと、少し高めに設定しておくのがポイント。

初めから3000万円という相場で売り出してしまうと、そこから値引き交渉が入ってしまうので、結果的に2800万円といったように、3000万円よりも安い価格で成約してしまう可能性が高いのです。

物件の価格設定は仲介する不動産会社と行いますが、「必ずこの金額までで売りたい」ということをしっかり伝えておきましょう。

値下げ額の相場

値下げ額は、売り出し価格によっても変動がありますが、2000万円~3000万円台の売り出し価格の場合だと「100~200万円」の値下げ幅が相場と言えます。

また、1000万円以下の売り出し価格については、あまり大幅な値引き交渉はされない傾向にありますが、反対に1億円などの高額な売り出し価格の場合だと、値下げ幅がその分大きくなります。

例えば、もともと1億円で売り出された物件が、8000万円で成約というケースもあり得ます。

ですが、取引に多いのはやはり2000万円~3000万円台が基準です。
この価格帯で大きな値下げ交渉がある場合は、慎重に対応するようにしましょう。

値引き交渉をされたらどう対応する?

不動産売買のほとんどの場合、仲介不動産業者を通して値引き交渉が入ります。
その際、簡単に了承してしまうのは危険です。

不動産業者から値引きの連絡があった場合は、まずは「改めて連絡する」と伝え、すぐに答えを出さないようにしましょう。

値引き交渉をされた際には、

  • 過去の近辺不動産の売買取引価格
  • 該当物件の問い合わせ数やページアクセス数
  • 売り出してからどれくらい経ったか
  • 物件が一番動く春がもうすぐか

これらを総合的にみて、値下げに応じるかどうか判断するのがベストです。

値引き交渉は応じる姿勢が大事

不動産売買では、値引き交渉が入るのは基本となっています。
そのため、もともと相場よりも少し高い金額で売却価格を設定しています。

ですから、相場よりも高い値段で売り出しているのに、一向に値引きに応じない!という態度をしてしまうのはNG。

また、人気の物件ならまだしも、土地条件が悪く反響もない物件であれば、値引きに応じない姿勢でいると、仲介業者の方から「これ以上販売活動しても売れない」と断られることもあります。

相場に合った値段よりも安くする必要はありませんが、売れないと元も子もないので、基本的には「値引き交渉には応じる」姿勢を見せることも大切です。

値下げはタイミングを見て行うべき

「値引き交渉には応じる姿勢を見せるべき」と伝えましたが、では、物件を売り出してすぐ値引き交渉された場合でも、応じなければいけないのでしょうか?

この場合、急ぎの場合やよほどの反響がない物件以外は、すぐに値引き交渉に応じるべきではありません。ひとまず、仲介業者との媒介契約期間(3ヵ月)が過ぎるまでは、様子を見た方がいいでしょう。

不動産売買が一番活発になる毎年1月~4月の時期なので、まずはその時期まで粘ってみるのも方法のひとつだといえます。

しかし、粘ったものの繁忙期でも売れず、反響もなく半年ほど経過すれば、売却価格を見直すタイミングです。

ただし、その時いきなり売り出し価格から相場以下の値下げを行う必要はないのでご注意を。

不動産会社では、早く売れないと広告料がかかってしまい、手数料ももらえないままの状態なので、売り急ぐように値下げを提案してくることがよくあります。

しかし、優良な不動産会社であれば、急に大幅な値引きを提案することはありません。
常に様子を見ながら、相場に合った金額(平均200万円~300万円)を提示してくれます。

値下げするタイミングでの注意ポイントは、以下の通りです。

  • まずは3ヵ月値下げせず様子を見る
  • 繁忙期(1月~4月)まで値下げせず粘ってみる
  • 半年間反響無しの場合は、値下げのタイミング
  • 近隣の売買実績を確認して値引き額を決める
  • 相場以下の大幅値引きはする必要なし
  • 不動産屋は売り急いで大幅値引きを提案する場合がある

これらのポイントを頭に入れておきながら、賢く値引き交渉に応じるようにしましょう。

あくまで自分は売主なので、全て不動産会社の言うことを鵜呑みにする必要はありません。
そのため、自分の意思を尊重してくれる優良な不動産会社を見つけることも大事だということです。

おすすめの記事