不動産の売買を行う時、買手と直接取引するのではなく、仲介業者に依頼して媒介契約を結ぶのが一般的。

しかし、媒介契約を結んだものの、思った以上に不動産がなかなか売れない…。
売主さんにとってはモヤモヤした日々が続いていることでしょう。

そんな時、途中で仲介業者を変更しても違反にはならないのでしょうか?
一度付き合い始めた不動産会社から離れるのは抵抗がありますが、それでも早く売却したいという方も多いはず。

ということで今回は、媒介契約を結んだ仲介業者を途中で変えても良いのかどうか、また、仲介業者とトラブルにならないためのテクニックなどを解説していきたいと思います。

媒介契約は3ヵ月が期限。見直しするならその時に!

不動産売買の仲介を不動産会社に依頼するとき、「契約期間は3ヵ月」と宅地建物取引業法で定められています。

媒介契約には、

  1. 専属専任媒介
  2. 専任媒介
  3. 一般媒介

の種類がありますが、不動産会社からの拘束が強いのは、1⇒2⇒3という順になります。

そのため、1と2では、契約期間が3ヵ月と定められています。
(※一般媒介の場合は法令上の定め無しですが、基本は3ヵ月)

このように、有効期限は長くても3ヵ月。
更新については、売主が申し出ないとできないようになっています。

そのため、以下の項目に当てはまる場合は、仲介業者の変更を検討してみるのも良いかもしれません。

  • 一向に見込み客の見学がない
  • 不動産屋から連絡があるものの、何も進捗がない
  • しっかり営業してくれるのが不明
  • 契約期間の延長を根拠なく勧めてくる
  • 根拠なしに価格の値下げを勧めてくる

このような場合、信頼できる仲介業者と言えません。

良心的な会社であれば、「このような宣伝活動を行っているが買手が見つからない」と報告があるはずですし、値下げ交渉についても、実際の売却実績を見ながら根拠に基づいて行ってくるのが基本です。

そのため、しっかり熱心に活動してくれている仲介業者であれば別ですが、明らかに怪しいなと思う場合は、不動産会社を変えることをおすすめします。

不動産屋を変えると広告費を請求されないか?

不動産売買の仲介を依頼するとき、契約が成立し物件が売却されると「仲介手数料」というものを不動産会社に支払う必要があります。

しかし、仲介手数料はあくまで「成功報酬」なので、契約成立しなければ支払う必要はありません。

では、媒介契約の際の広告費は支払わなければいけないのでしょうか?

答えは「NO」です。

契約期間を満了して媒介契約を解除した場合、その分の広告費など支払う必要はありません。

ただ、例外として「期間中に媒介契約を解除した場合、広告費用を支払う」と契約書を交わしていた場合などは、期間中の契約解除となれば広告費を支払う必要が出てくるのでご注意ください。

これはあくまで例外ですので、まずそのような条件を契約書に記載してくる不動産会社は、信頼性が低いので、そもそも媒介契約を結ばない方がいいでしょう。

万が一、手数料・解除料を支払ってと言われたら?

では、媒介契約を解除し、継続をしなかった場合に、「広告料・解除料を支払って!」と言われてしまった場合はどうしましょう。

実際に、悪徳な不動産会社であれば、お客様の知識がないことを良いことに、取ることのできない手数料や解除料を請求してくるケースもあります。

そんな時は、「宅建業法専用のトラブル窓口」へ連絡をしましょう。

このような宅建業者とのトラブルがあった場合、都道府県ごとにそれぞれの管轄している窓口があります。

そのため、媒介契約を解除するときに手数料を請求し、自動更新だからと無理に契約を延長されられることがあれば、すぐに窓口に連絡をしましょう。

不動産の店舗内で電話すると、悪徳業者もうろたえてしまうことでしょう。

不動産会社への上手な断り方

自分の大事な物件の売買をお手伝いしてくれる仲介業者。
悪徳業者であればきっぱりと契約解除できますが、それなりに信頼関係ができていたり、営業マンが熱心に活動してくれていたりすると、契約更新を断りにくいと思います。

しかし、売主としては、「別の不動産屋にも依頼してみたい」という気持ちが強いもの事実です。

そんな時は、不動産会社に正直に話すと良いでしょう。

  • 結果が出ないから3ヵ月以降は別の不動産会社に依頼してみるよ
  • 3ヵ月だけ別のところで様子を見てみるよ
  • またいいお客さんが見つかったら教えてね

のように、シンプルに伝えるのがベスト。

黙って他の不動産会社に依頼すると、今後の関係に響くかもしれませんので、できるだけ良好な関係で契約を解除するようにしましょう。

お客様目線の良い会社であれば、快く理解してくれるはずです。

仲介業者との媒介契約を続けるか、途中で変更するかお悩みの方は、まずは3ヵ月、様子を見ることをおすすめします。

3か月間依頼してみて、頼りにならないなと感じ、怪しいなと思うことがあれば他の仲介業者に依頼してみると良いでしょう。

おすすめの記事